【オカメインコ】噛む子について – エミゾウホンポ2015

【オカメインコ】噛む子について

c2c0a255.jpg先日【オカメ】怒り目 についてコメントをいただきました。その回答をこちら<br>に記載させていただきます。

私は研究者や獣医ではないので、正確なことはわかりませんが、オカメインコのオスの性格が荒れやすい点については、飼ってきた経験上少しわかるかもしれません。

とくにオカメのオスは個体によっては「荒鳥」と呼ばれるほど、気が荒くなるようです。これも個体によると思うのですが、我が家のオカメは癇癪もちでイライラしてくると、あたり構わずかじり付いたりもします。通りすがりに齧り木コーンをガリガリっとしてみたり、イライラして自分が乗っている指を噛んだりドラミングしたりもします。。
オモチャなどは本気で噛んでいますが、イラついて私の指を噛む時は多少加減は入ります。ですから病院へつれていって躾について考え直すまではいっていません。
ただし、本気で指に齧りつかれる状態が続くと、さすがに手乗りとして遊ぶことはできなくなると思います。そういう時はやはり獣医さんに相談されてもいいかもしれません。

そういう個体の性格差とは別に、女性には懐いて男性にはカリカリするというのは、オスだからではないでしょうか。
我が家の例で言えば、私には頭を投げ出して毛づくろいをさせますが、旦那には触らせません。また旦那が声をかけると、鳴くというより歌いだします。対抗意識をもって、自分をアピールしているんじゃないかと思っています。
ただ、普段は旦那のことも家族(群れ)の仲間という認識はもっていて、姿の見えないところで声がすると、わざわざ隣の部屋まで歩いていって姿を確認していきます。(一目みてすぐに戻ってきます)声をかければ機嫌よく返事するし、旦那にも懐いていないわけではないのです。

ですので、発情行為から気持ちが離れており、興奮していない状態でフレンドリーに接してこなければ、それはあまり懐いていない事になりそうですね・・。

まず、オカメの状態をよく把握して、平常心でいる時にどう対応してくるかを見てみてはいかがでしょうか。
コメントを見ていますと、一時は懐いていたように思えます。噛んだり怒ったりしているときは我が家でもカゴに入れたり、離れた位置に置いて放置しておきます。じきに気持ちが落ち着いてくると、オカメの方から我々のところに戻ってきてかまってくれとアピールをはじめます。<br>あとは時間をかけてゆったり接するしかないと思います。

学術的根拠はありませんが、以上我が家の経験談として上げておきます。

彼らにもしっかりと感情があります。しかも今の時期は早めの発情期に入る個体もいるかと思います。まずは落ち着かせて、気長にお付き合いしていくしかないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA