【生活】保険会社から誤爆電話 – エミゾウホンポ2015

【生活】保険会社から誤爆電話

タグに表示したとおり、この2年弱で2件ほど保険会社から間違い電話が入った。
我が家は通常留守番電話、しかも名乗りの録音をせず、電話機にあるデフォルトのまま応対している。
ちなみに電話機デフォルト応答は、セールスなどはすぐ切ってくれるので、よほど気合の入ったセールスマンか、用事のある親戚以外は伝言を残さないでくれるので、重宝している。

そんな中、最初の間違い電話は○士火災から「△△さまが平成14年に起こされた事故の件で~~。担当○○までお電話ください。電話番号xxxx」というもの。
新手のオレオレ詐欺かと思い、電話番号から逆引きで探したところ、○士火災の相模大野支店から電話とわかり、その番号へクレームを入れてみた。
「お宅とは契約していませんし、事故も起こしていません」
すると、相手は何を勘違いしたか偉そうに「台帳をお調べしますので、お名前と電話番号を」とか言い出す始末。3度ほど、「お宅の電話の掛け違いで、まったく関係ない人の家に、△△さんの個人情報をべらべらと留守電に残していってるんだよ。」と言ってあげたら、ようやく納得した模様。ちょっと青ざめた気配はしたものの、どんだけ頭ごなしで自分ところのミスだって気づかないんだ。
それだけ言ったのに、また同じ担当ちゃんから間違い電話が入ったので、「あほか」と無視。

2度目は今日。
「○本生命ですが、○○■■子様へお電話差し上げました。~~の件で」
とまたもや、○○さんの個人情報を並べ立てる始末。
もうアフォかと。

しかし、逆を返せば我が家の情報も間違い電話の先で留守録されてしまっているのかもしれない。

みなさん、自分の情報管理は慎重に。
怖い世の中ですえ~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA