【オカメインコ】顎使いのプロ – エミゾウホンポ2015

【オカメインコ】顎使いのプロ

ce0fd2df.JPGオカメインコは鳥なのに、なぜか身軽に見えません。
歩くときも素早いのによちよち歩いているように見えるし、緊張するとゆらゆらとゆっくりからだを左右にゆすってみたり。
よくいえば、おっとり。
悪く言えば、とろい?

オーストラリアでは最速のスピードで飛ぶといわれていますが、籠の中ではどうにも鈍重です。狭い籠の中では、自慢のスピードも発揮できないということでしょうか?
止まり木を移るのに、必ずくちばしを使います。

もし、カメちゃんに「今日は顎を使用しての移動を禁止します!」と通達したら、多分その日はご飯も食べることができないんじゃないかな。
寝床から生活止まり木に移ることもできなくて…。

ますます不可思議な鳥さんなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA