【生活】医は仁術 – エミゾウホンポ2015

【生活】医は仁術

もうお医者様や医療関係者の方が普通のサラリーマンになってしまって久しいが、今日も特にそれを実感。

仕事でちょっとやなことがあって、あんまりショックだったんで、今日は仕事放棄。私だっていつでも平成に受け流せない。切れた切れた。

ということで、先日の人間ドックで再検査指定された内科を受診。
胃カメラと大腸の内視鏡検査決定だぉ。2時間かけて2リットルの下剤を飲むプレイがあるあれですよ。やったぁ( ´∀`)つ

それはそれで、旦那も昨晩からひどい頭痛で寝込んでいた。そっちの診察のほうがメインで、今日こそはCTとってもらおうとばかりに病院へ行ったのだ。
で、受付の白衣を着た女性。ただの事務員には見えないいでたち。その人のひとこと。
「なんで薬飲ませなかったの?!なんで、何もしないで病院くるの?」
まあね、偏頭痛おさめるために、イブプロフェン採ることはありますが、食欲もなく何もたべずに薬のめないじゃんか。前にも空腹で飲んでげーげーした人に無理に飲ませられないし、解決しそうもないから病院に来たのに、問診の時点でこの言葉。
あんた本当に医療従事者か?
ここでも切れかけたけれど、ひとまず我慢。何でもいいから診察までこぎつけてやるわい。

ということで、私が検査の予約をしている間、旦那は頭を輪切りにしていた。結果、頭の中には変なものはなかったらしく、宇宙人の輪切りを期待していた割りには予想通りの結果でよかったとしよう。

弱っているからお医者さまを頼っていくのに、問診ではなく詰問で責める門番みたいな人どうにかしてほしい。
医は仁術。あの女の額に「仁」と書き込んでやりたかったyo。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA