プログラミンのこと – エミゾウホンポ2015

プログラミンのこと

文部科学省がおもしろいサービスを提供中です。

子ども向けに、遊びながらプログラムを組み立てる考え方を学ぶAPIです。

プログラミン

プログラムって、文法の部分は外国語と同じで、まさに文法を覚えればいいのですが、私のような文系あたまには何がその行く手を阻むかというと、ある一つの処理をさせるために、どういう道順、順番でその動作を配置していけばいいか?ということ。
たとえば、プログラムの初歩で習うのが九九算表の生成ですが、もうすっかり忘れたけれど、元になる数字「n」一つを使って、それに1を順に足していったものをかけて、足してとか。そんな組み合わせで九九算表ができていくのです。
その「足して、かけて、割って、分数にしてもっとややこしい計算とか」の組み合わせを考え出せれば、プログラム言語の単語数は英語なんかに比べると全然少ないので、簡単にできるだろうなと思うのです。

プログラムをする友人も多いので、話を聞いてみると、同じ処理のプログラムでも先輩のプログラムには無駄がなく、自分のものより数倍はやく処理をする、、などと聞きます。

ということで、どこまでその「組み合わせ」を考えることに役立つかはわかりませんが、柔らかい子どもの頭には「プログラミン」は組み合わせを考え出させるのにちょうどよいアプリかもしれません。
無料なので、見てみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA