ロボット – エミゾウホンポ2015

ロボット

robot、technology、tecで検索をかけ、YOUTUBEをウロウロすると、沢山の面白い動画に遭遇することができます。
日本人は、江戸時代のからくりから始まり、現代の介護、救助用ロボまで、実に様々なロボットを作ってきましたが、動画サイトには、そんな歴代ロボットの数々が、ちゃんとアップされています。
日本産ロボットの特徴として、形態が可愛らしい、ということが昔から言われます。確かに、あげられてる動画のロボットのどれもが、どことなくユーモラスで、愛らしい。
他の国のロボットも性能は凄そうなんですが、デザインにまろみのようなものが欠けていて、個人的にはちょっと残念。

そんな沢山あるロボット関連動画の中で、つい何度も見てしまうのがこの動画。

QRIO – kicky
SonyのQRIOは、新規開発は中止されてしまいましたが、愛らしい姿形が忘れられないロボットです。

稚(いとけな)くて、頭を撫でてあげたくなるような可愛らしさがあります。
最後に襟首掴まれて、ひょいと持ち去られてしまう姿は、「にゃー」とか「きゅー」とかいう声が聞こえてきそう。

次はこちら。

Honda ASIMO Directs Charity Performance of Detroit Symphony

まだまだ絶賛活躍中の、ホンダのアシモ。
アメリカのデトロイト・シンフォニー・オーケストラで指揮をした映像です。

amazing!! 仕草が少しぎこちないのもご愛嬌。立派に指揮者を勤めています。
もっと詳しい映像は、HONDAの公式サイトで配信中。

どんどん進化するロボット達。
この技術が、将来の私達の生活の助けになってくれることを祈ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA